木材をコンクリートに取り付ける究極のアプローチ

All


ほとんどのプロジェクトでは、複数の種類の材料を使用するため、木材をコンクリートに取り付けるなど、異なる材料を互いに取り付ける方法を知る必要があります。これらの2つの材料の組成は、それらを互いに付着させないように思われるかもしれませんが、そうではありません。木材をコンクリートに取り付けるために使用できるいくつかの異なる手法があり、それぞれがプロジェクトを簡単に達成できるようにします。

モルタルネイル

木材をコンクリートに取り付ける方法の1つは、モルタル釘を使用することです。モルタル釘は、木材をコンクリートに取り付けるための最も安価なオプションですが、これらの釘を機能させるための秘thereがあります。この方法は、コンクリートブロックまたはコンクリートの黒い壁に木材を取り付ける場合にのみ有効です。

ステップ1-爪の選択

モルタルネイルを使用するときは、釘が木材を貫通し、コンクリートに少なくとも½インチ入るのに十分な長さであることを確認する必要があります。

ステップ2-適用

木材をコンクリートに取り付けるためにモルタルの釘を使用するコツは、コンクリートではなくモルタルに直接打ち込むように各釘を適切に位置合わせする必要があることです。釘をコンクリート自体に押し込むのではなく、モルタルにのみ押し込みます。したがって、このアプリケーションは、コンクリートの壁ではなくコンクリートのブロック壁がある場合にのみ成功します。

石積みネジ

木材をコンクリートに取り付けるもう1つのオプションは、石積みネジを使用することです。

手順1-ネジの選択

ネジが木材を貫通し、コンクリートに少なくとも½インチ入るのに十分な長さであることを確認する必要があります。

ステップ2-穴を開ける

次に、使用しているネジの直径よりも小さい穴を木材とコンクリートに事前に開ける必要があります。これらの穴は、ネジのガイドラインとなり、所定の位置にネジで留めることができます。

ステップ3-適用

穴を開けた後、石積みネジを使用して木材をコンクリートに取り付けることができます。

コンクリートアンカーボルト

木材をコンクリートに取り付けるもう1つの方法は、コンクリートアンカーボルトを使用することです。

ステップ1-穴を開ける

アンカーボルトが収まる直径の十分な大きさの木材とコンクリートに穴を開けます。穴の深さは、アンカーボルトの長さよりも1/4インチ大きくする必要があります。

ステップ2-ボルトの取り付け

木材の穴をコンクリートの穴に合わせ、アンカーボルトを穴に挿入します。ハンマーを使用して、アンカーボルトを所定の位置にタップします。

ステップ3-ボルトを締めて固定する

ボルトを取り付けたら、ソケットレンチを使用してボルトを締め、ボルトロックシステムを有効にします。ボルトを締めるとコンクリート内でボルトが作動し、そのロック機構が作動してボルトを固定し、木材をコンクリートに取り付けます。

木材をコンクリートに取り付けるこれらの究極のアプローチは、次のプロジェクトを簡単にします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です