コンクリートアンカーの削除

All


コンクリートアンカーにはいくつかの種類があり、それぞれに異なる取り外し方法が必要です。ただし、これらはほぼ同じ方法で取り付けられるため、いくつかの違いを除き、同様の方法でコンクリートから取り外すことができます。場合によっては、アンカーを取り外すと、コンクリートに何らかの形で損傷が生じますが、これは後でコンクリートパッチを使用して修復できます。

手順1-ドライバービットの使用

Tapconコンクリートネジなどの一部のコンクリートアンカーは、反時計回りに回すと簡単に取り外すことができます。アンカーがねじ込み式の場合は、ドライバーのビットをドリルに差し込み、ビットをアンカーの頭に置き、ファスナーを反時計回りに緩めます。ネジがコンクリートにしっかりと固定されている場合は、以下の他の方法で進めます。

ステップ2-レンチ、プライヤー、またはバイスグリップを使用する

アンカーの頭がコンクリートの表面から突き出ている場合は、調整可能なレンチ、ペンチ、または万力でしっかりとつかみます。強い力で、反時計回りにコンクリートからボルトを緩めます。留め具が緩むまでこの方法で続けます。これは、アンカーがスレッド化されている場合に機能します。ただし、アンカーがくさび型の場合、これは機能しない場合があります。

ステップ3-アンカールーズポンド

並んで置かれた様々なハンマー

一部のタイプのアンカーは、基材をつかむように設計されており、レンチで緩めることはできません。この場合、唯一の解決策は、ベース材料から切り落とすか、軽くたたくことです。ただし、アンカーが曲がって問題が発生しないように、ガンガンに注意してください。先に進む前に、安全メガネと保護手袋を着用してください。アンカーを叩くときは、直接約90度のヒットを目指します。ストライクがオフアングルの場合、アンカーが曲がる可能性があります。アンカーがベース材料から外れるまで、金属製のマレットでアンカーを叩き続けます。コンクリートからファスナーを引き出します。

ステップ4-アンカーシャフトの切断

ストライクアンカーなどの一部のタイプのコンクリートアンカーは、叩いたり緩めたりすることはできません。この場合、それらを基材から切り離すのが最善です。弓のこ刃を使用して、コンクリート壁の表面または他の表面のできるだけ近くでシャフトを切断します。この方法が好ましくない場合は、最後の手段に進んでください。

ステップ5-周囲のコンクリートを取り除く

コンクリートの壁のひび割れにパッチを当てる

金属mallと金属くさびを使用して、アンカーを囲むコンクリートを削り取ります。先に進む前に、必ず安全装備を着用してください。あなたがそれを引き出すことができるように、ファスナーの全長が露出するまでコンクリートを削ります。

ステップ6-破損したコンクリートのパッチ

コンクリートパッチングモルタルを混ぜて、穴全体を完全にパッチングします。コンクリートパッチが表面と同じ高さであることを確認してください。ペンキなどの仕上げコートを塗布する前に、モルタルを硬化させます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です