ポリカーボネートパネルの長所と短所

All


ポリカーボネートパネルは、さまざまな用途で広く使用されています。ポリカーボネートは非常に強靭で、紫外線に強く、魅力的な外観を提供する熱可塑性プラスチックです。明確な形式と不透明な形式で利用できるため、構築およびセキュリティ関連の目的に最適です。ポリカーボネートパネルの主な長所と短所の一部を以下に示します。

ポリカーボネートパネルの利点

ポリカーボネートパネルは、ますます多くのシナリオで使用されています。それらは事実上壊れることがなく、大きな力に耐えることができます。このため、防弾窓や警察の盾の建設に使用されます。また、銀行、オフィス、フェンスの建設にも使用されています。

紫外線を遮断することは、ポリカーボネートパネルのもう1つの大きな利点です。この品質により、これらのパネルは、商業施設でオーバーヘッドカバーと日除けを構築するための最適な材料になります。これらのパネルは、ガラス、アクリル、または他のプラスチックと比較すると非常に軽量です。これにより、輸送、設置が容易になり、人件費が削減されます。これは、企業の建築費を検討する際の3つの大きなボーナスです。

ポリカーボネートのパネルには、透明なガラスのような色合いと、より良いカバーのための不透明な色合いがあります。組織または個人のニーズに応じて、これらのパネルは色付けするか、半透明のままにして、使用の柔軟性を高めます。

ポリカーボネートパネルのもう1つの好ましい要因は、熱と寒さに対する高い耐性です。これらのパネルは、他の標準的な建設資材よりも長持ちするため、あらゆる種類の過酷な環境での使用に最適です。ポリカーボネートパネルの優れた光学特性と紫外線を遮断しながら十分な日光と熱を取り入れることにより、ポリカーボネートパネルは温室や苗床の建設に最適な材料になります。その上、ポリカーボネートの要因は日光、雨、雪にも耐性があります。これにより、これらのパネルは退色、黄変、または変色の兆候を示すことなく、屋外で長年使用できます。

ポリカーボネートパネルの欠点

ポリカーボネートパネルは、ガラスやプラスチックなどの他の素材と比較した場合、欠点がほとんどありません。

高価格は、ガラスや他のプラスチックよりもはるかに高価であるため、ポリカーボネートパネルの大きな欠点の1つです。その結果、多くの消費者は、ABS(アクリロニトリルブタジエンスチレン)の選択を検討しています。 ABSははるかに低価格であり、ポリカーボネートパネルの極端な靭性と耐熱性を必要としないバイヤーに適したソリューションを提供できます。

ポリカーボネートのパネルは、引っかき傷、傷、および研磨面に対してあまり耐性がありません。その結果、注意を払わないと表面にへこみができます。

また、研磨剤クリーナー、アルカリ洗浄製品、および溶剤に非常に敏感です。したがって、アセトン、ベンゼン、または有機溶剤などのその他の物質を含む物質を避けるように十分に注意する必要があります。

製造プロセスは非常に環境に優しくなく、非常に高い処理温度が必要です。また、人間の健康に悪影響を与えることで知られるホスゲンと、環境にもやさしい塩素も必要です。その結果、製造プロセス中に労働者を保護するために、いくつかの予防措置を講じる必要があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です