コンクリート屋根を防水する方法

All


コンクリートの屋上は通常、商業ビルの上に建てられますが、最近では個人の家の建設に使用するために、平らなコンクリートの屋根とコンクリートの鉄片が人気を集めています。それでも、この素材が他の選択肢よりもはるかに長い寿命を提供する場合でも、他の素材と同様に要素の影響を受けやすくなります。防水コーティングを追加すると、この落ち込みを相殺し、屋根の寿命を大幅に延ばすことができます。次の記事では、このタスクを自分で適切に達成する方法を示します。

屋根を掃除する

屋根をうまく密閉するためには、まず清潔な表面から始める必要があります。プッシュほうきとちりとりを使用して、汚れやごみを取り除きます。これを徹底的に行えるように時間をかけてください。取り残されたものは、シーラーがうまく接着しない原因になります。

軽微な修理を行う

コンクリートは、他の種類の屋根材と同じようにひび割れて漏れを生じる可能性がありますが、修理ははるかに簡単です。これらの領域は、コンクリートをさらに浸食するための水にとって重要な場所であるため、最初に表面全体に損傷がないか調べてください。損傷した領域をマスキングテープでマークして、再び見つけやすいようにします。次に、コーキングガンでシリコンコーキングを使用して、亀裂、割れ目、または穴を埋めます。パテナイフを使用して、シーラントを滑らかにし、さらにそのエリアに押し込みます。欠陥が完全に封印されていると確信できるまで、このプロセスを繰り返します。防水加工を進める前に、シリコンを乾かします。

シームテープを使用する

プライミングは実際には防水処理に役立ちますが、追加する前に、可能であれば、コンクリートの継ぎ目を継ぎ目テープで覆う必要があります。できる限り単一のピースを使用し、それを置くとき、それが縫い目の中心にあることを確認してください。テープを置いた後、テープを押し下げて、テープをさらに押し下げます。

プライマーコート

次に、屋根全体にコンクリートプライマーを塗ります。片方の端から始めて、隅に自分をペイントします。その後、ペイントブラシに切り替えて終了します。プライマーコートが完全に乾くのを待ってから、2回目が必要かどうかを判断します。適切な乾燥時間は製品ラベルに示されているはずなので、よくわからない場合はこれらの指示を参照してください。

蒸気バリアにスプレー

プライマーが乾燥した後、選択した防湿層を塗料噴霧器に注ぎ、コンクリートの屋根に均一に均一に塗ります。片方の端からもう一方の端まで系統的に作業し、ラインにスプレーします。新しい行を開始するたびに、前の行を重ねます。 2番目のコートを追加する前に、蒸気バリアを乾燥させます。その後、最終コートが乾いたら、必要に応じて塗り重ねることができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です