除雪機オーガーを削除する方法

All


機械を定期的にメンテナンスすることは、機械を正常に動作させるためにできる最も重要なことです。除雪機は、歩道や小道から固い雪を取り除き、塩や砂から腐食するため、毎年虐待を受けています。そのため、オフシーズン中に掃除のためにオーガーを取り出すことが最優先事項の1つです。ただし、これは数時間しかかからない仕事です。

除雪機の種類

除雪機には主に2つの種類があります。1段階と2段階です。通常、1段式ブロワーは2ストロークエンジンとオーガーを備えており、その経路で雪を回転させて切り刻み、排出シュートを送り出します。通常、2ステージタイプには4ストロークエンジンがあります。オーガーだけでなく、インペラーも備えています。インペラーは、ショーを切り刻むときにショーを収集し、それを側面から強力に発射します。

手順1-除雪機の準備

スパークプラグを抜いてモーターを無効にします。これにより、作業中にオーガー/インペラーメカニズムで手を失うことはありません。オーガが必要とするのがクリーニングではなく修理の場合は、この時点で必要な交換部品を手元に用意してください。

オーガーから小枝や石などの障害物や破片も同様に取り除きます。実際、何かが詰まっているためにオーガーを取り外している場合、問題を取り除くことができれば必要ないかもしれません。こじ開け棒で羽根車を回して、詰まった部分を元に戻します。除雪機の一部の部品は錆びている可能性があるため、手元に優れた浸透オイル製品を用意してください。

ステップ2 –ベルトカバーを取り外す

オーガーベルトカバーを取り外すことから始めます。上部にボルトがあり、下部にボルトがあるものもあれば、上部と下部にボルトがあるものもあります。これらを所定の位置に保持しているネジを取り外し、必要に応じて貫通オイルを自由に使用してボルトを緩めます。ネジを小さな缶に集めて追跡します。

手順3-ドライブプーリーの取り外し

次に、駆動プーリーを取り外す必要がありますが、これは注意が必要です。ドライブプーリーは実際に時計回りに回転して取り外しますので、プーリーのネジを外そうとしても動かないようにオーガーを詰まらせる必要があります。こじ開けバーをオーガーに挿入して所定の位置にロックし、駆動プーリーを機構から外します。

ステップ4-オージェを引き出す

オーガーシャフトの溝に露出している小さなキーを取り外し、再組み立てのためにそれを追跡します。次に、オーガベアリングを保持しているバケットの外側のボルトを外します。この時点で、ユニット全体(および一部のモデルではインペラーを含む)をオーガーバケットから引き出します。必要に応じて、オーガーアセンブリシャフトからインペラーを取り外します。通常、オーガーシャフトのインペラを保持する2本のピンは、レンチでは取り外せないロール型のテンションピンです。代わりにパンチで追い出す必要があります。

これで、除雪機のオーガーで必要なクリーニングやメンテナンスを自由に実行できます。完了後に元に戻すのも簡単です。これらの手順を逆に実行するだけで設定できます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です