色あせたスタンプコンクリートパティオの色を変更する方法

All


最もよく維持されている打ち抜きコンクリートのパティオでさえ、時間の経過とともに色あせがちです。日光、路面交通、ほこり、汚れなどの外部エージェントは、色のゆっくりした摩耗の原因です。ただし、いくつかの基本的なツールと次の情報を使用して、コンクリートの色を変更できます。

ステップ1-パティオの表面をきれいにする

パティオを徹底的に掃除して始めましょう。これは非常に重要です。なぜなら、色を変更しなければならない表面を覆っている破片を取り除く必要があるからです。コンクリートの状態と好みに応じてさまざまな種類の溶液を使用できますが、ぬるま湯と重曹を混合して有機洗浄液を調製できます。これは、汚れをこすり落とすための最も簡単で安全なクレンザーです。ブラシまたはモップを使用して、汚れを塗り広げます。

多くの造園家は、ムリア酸から調製したクリーナーの使用を好みます。これらのコンクリートクリーナーは安全に使用でき、非常に強力です。スタンプコンクリートが非常に古く、重度に汚れている場合は、これらのいずれかを使用することをお勧めします。

ステップ2-古い色を削除する

既存の塗料または染みの層を除去して、再着色のために表面を準備する必要があります。これには、化学的に調合された酸ベースのコンクリートクリーナーを使用します。梱包された説明書に従って酸を希釈し、湿ったモップを使用して打ち抜きコンクリートのパティオに適用します。酸が表面に数分間作用するのを待ちます。次に、長い柄のほうきと庭用ホースを使用して、パティオを徹底的にこすり洗いします。スタンプコンクリートは、特定のパッチで包括的にエッチングされていないように見える場合があります。硬いブラシを使用して、このようなパッチを最小限にこすります。ホースでエリアを繰り返しすすぎ、表面全体を乾燥させます。

ステップ3-プライム

オイルベースのプライミングソリューションを使用して、パティオ上の古い塗料/汚れの痕跡を克服し、塗料の新鮮なコートに均一な表面を提供します。ローリングパンに注いで、パッケージの指示に従って希釈します。ペイントローラーを使用して、プライマーをコンクリート表面に塗り広げます。その後、乾燥させます。

ステップ4-表面のペイント/ステイン

これで、従来の方法でパティオをペイントできます。小売業者の推奨に従って塗料シンナーを追加して、塗料トレイの塗料を希釈します。長いハンドルのペイントローラーを使用して、最初の塗料を塗ります。別のものを追加する前にこれを乾燥させます。通常、2つのコートが標準です。色の強度の好みに応じて、これを超えることができます。

染色は、色を復元するための別のオプションです。パティオに少し素朴な外観をレンダリングするのに役立ちます。ブランドの染色ソリューションは、コンクリート表面専用に販売されています。私道や庭など、環境を補完する染色シェードを選択できます。染色化合物は、塗料と同様の方法で適用されますが、コーティングが少なく、希釈が最小限で済みます。

あなたの新しい色ができるだけ長く続くように、コンクリート用の保護シーラーで塗装または染色に従ってください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です