コンクリートブロック間で列を鉄筋にする方法

All


固体構造物の構築にコンクリートブロックを使用することは、何十年もの間実践されてきました。コンクリートブロックは、注入コンクリートとは異なるオプションを提供し、基礎や壁で頻繁に使用されます。コンクリートブロックは、型に流し込んで形作られたコンクリートでできています。通常、各ブロックには2つの中空セルがあります。ブロックの長さは通常16インチ、深さ8インチ、高さ8インチですが、他のバリエーションもあります。それらは通常、安定性に貢献するために垂直にまたは互い違いに積み重ねられます。多くの場合、鉄筋と流し込みコンクリートの使用は、コンクリートブロックの強度を強化するために使用されます。ここでは、コンクリートブロック間で柱を鉄筋で補強する方法について説明します。

ステップ1-電力線とガス線を見つける

地下の電力線を見つけて建設プロセス中に損傷したり干渉したりしないようにするには、地元の公益企業に出向いてもらう必要があります。鉄筋は頻繁に地面に打ち込まれ、埋設された電力またはガスラインに打ち込むのは致命的です。鉄筋を掘る(またはこの場合は運転する)前に、ユーティリティラインがある場所を確認してください。

ステップ2-列の開始

まず、具体的なブロック列を開始する必要があります。パッケージの指示に従ってモルタルを混ぜます。柱を構築する表面に½インチの迫撃砲を置きます。 16インチx 16インチの列の場合、レイヤーごとに2つのcinderブロックを使用します。ベースが水平であることを確認してください。モルタルの下部2ブロックを設定します。これらの2つのブロックの上にさらにモルタルを追加し、コンクリートブロックの別のレイヤーを追加して、最初のレイヤーに対して垂直に配置します。

手順3-鉄筋のインストール

コンクリートブロックの開口部に鉄筋を取り付けることにより、構造に追加の安定性と耐久性を提供します。選択される鉄筋の長さは、プロジェクトのサイズに大きく依存します。構造の高さの大部分を占める鉄筋が必要です。ただし、構築時に追加の鉄筋を取り付けて、鉄筋の長さと重なる長さをずらすことができます。したがって、30フィートの鉄筋が見つからなくても心配する必要はありません。最初の数層を開始した後、鉄筋を地面に打ち込みます。コンクリートスラブ上に柱を構築する場合、これについてはまだ心配しないでください。

ステップ4-スペースを埋める

パッケージの指示に従ってコンクリートを混ぜます。あなたはコンクリートがあまりにもスープしたくないのですが、あなたはそれが注ぐこともしたいのです。良好な一貫性に達したら、コンクリートを積み上げたコンクリートブロックのスペースによって作成される「セル」にコンクリートを注ぎます。鉄筋が地面に打ち込まれると、コンクリートは鉄筋の周りに自然に落下します。鉄筋をまだ追加していない場合は、コンクリートを少しセットアップして(完全に硬化させないでください)、鉄筋を柔らかいコンクリートの中に入れて、下のスラブに到達させます。コンクリートを層状に注ぎ、必要に応じて鉄筋を追加し、鉄筋の高さを少なくとも1フィート(短い構造の場合)、15フィートを超える構造の場合は最大3フィート重ねます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です