レンガの塗り方

All

塗装レンガ 汚れた、変色した壁に命を吹き込むシンプルで効率的な方法です。ペイントする前に、レンガの状態を確認することが重要です。レンガが良い形で損傷していない場合、一度ペイントしたようにペイントを再考したい場合は、その美しさを保つために定期的にメンテナンスする必要があります。

塗装は最も重要なステップから始まります。正しい色を選択することです。厚い塗料と弾力性があるため、エラストマー塗料が多くの人に好まれています。

ステップ1 –レンガの清掃

プロセス全体で目の保護を使用してください。水なしで手ワイヤーブラシで壁をブラッシングすることから始めて、レンガを覆う白い粉である白華を取り除きます。風解が頑固な場合は、希薄なムリア酸を塗布し、約20分間放置してからスクラブします。酸を使用しながら安全対策に従ってください。

ステップ2 –クラックとスクラブの確認

また、ブラシを使用して、乳鉢のゆるんだ部分を取り除きます。大きな亀裂がある場合は、アクリルコーキングを使用して密封します。中性洗剤またはパワーウォッシャーを使用して、壁をこすります。ホースのノズルを最高圧力に設定し、壁を洗います。壁を約48時間乾かします。

レンガにコケやカビを見つけたら、水3部と漂白剤1部を使って取り除きます。

ステップ3 –プライマーの適用

レンガの形状が素晴らしい場合は、プライマーを塗る必要はありません。プライマーを使用すると、ペイントジョブの外観が向上します。

プライマーを塗布するには、プライマーと水を1:1の割合で混ぜます。ブラシを使用して、ローラーが届かない領域のペイントを開始します。プライマーが薄く、下に移動するよりも上にペイントする方が簡単なので、下から上にペイントします。ブラシでの作業が完了したら、ローラーでスーツに従ってください。下から上に塗り始め、この薄いプライマーで壁全体を覆います。約4時間かけて完全に乾かします。

次に、希釈されていないプライマーで壁を再コーティングします。つまり、プライマーに水を加えません。ブラシとローラーを使用して再塗布します。このコートを上から下に塗ります。このコートは、最初のコートを保持し、塗料を保持し、良好な仕上げを与えるのに役立ちます。

ステップ4 –ペイントの適用

エラストマーペイントは、通常の外部ペイントと比較して、外部ペイントに適した選択肢です。エラストマー塗料は、アクリル含有量の高いゴム引き塗料です。撥水性があります。ローラーとブラシを使用して、上から下にこれを適用します。ペンキを2回塗る必要があります。

または、従来の外装塗料を使用します。 100%アクリルラテックスの塗料を確認します。サテンからグロス仕上げまで、さまざまな仕上げから選択できます。エラストマー塗料と同じ方法で2つのコートを塗ります。

あぶない:鉛ベースの塗料を使用しないでください。これらは大量に使用すると危険です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です