れんがモルタルを混ぜる方法

All


れんがモルタルの混合は、長持ちさせたいレンガ、ブロック、または石の壁を構築するための重要な鍵となります。れんがは最高品質の素材で作られている場合がありますが、モルタルが必要な方法に耐えられない場合、壁は予想よりも早く崩れます。それはすべて、モルタルを混ぜる方法を知ることの問題です。ここには、5種類のモルタルと、それらの混合方法に関する情報、およびそれらを使用するプロジェクトがあります。

ヒント1-モルタルのコンポーネントを理解する

レンガ乳鉢を適切に混合するには、まず、その成分(ポートランドセメント、砂、水、石灰)がそれぞれ、完成したモルタルに独自の品質をもたらすことを学習する必要があります。セメントは結合を提供しますが、石灰は収縮を強化および縮小し、早期乾燥を防ぎます。砂は結合に役立ち、適切な粘度または厚さを作り出すには水が必要です。

ヒント2-モルタルの種類を理解する

混合モルタルでは、壁の建設に使用するタイプを知っている必要があります。これは、壁の耐久性だけでなく、「広がりやすさ」にも影響します。この記事で説明する5つのモルタルにはすべて、上記の段落にリストされているものと同じ基本成分が含まれています。 5つのタイプの間で異なるのは、モルタル成分の割合だけです。

ヒント3-タイプ「N」モルタルの混合と使用

モルタルで石の壁を積み重ねる

グレードを超える用途にはタイプ「N」モルタルを使用します。セメント1部、石灰1部、砂6部を混ぜます。中強度のモルタルが必要な場合、および屋内または屋外の用途にこのモルタルを使用します。一般に、耐荷重性のある壁では使用しないでください。また、屋内プロジェクトやほとんどの住宅改善プロジェクトにも使用します。

ヒント4-タイプ「M」モルタルの混合と使用

このタイプを3/1/12の比率で混合します。セメント3部、石灰1部、砂12部です。このタイプは、耐力壁、擁壁、基礎、またはモルタルが土壌と接触する他の地下用途に使用します。より高い強度のモルタルが必要な場合は、これが使用すべきタイプです。

ヒント5-タイプ「S」モルタルの混合と使用

タイプ「S」モルタルの場合、セメント1部、石灰1/2部、砂2.25部の比率を使用します。タイプMモルタルと同様に、より大きな強度が必要なグレード以下のアプリケーション、およびより大きなモルタル強度を必要とする住宅改修プロジェクトなどの軽量プロジェクトには、タイプ「S」を使用します。

ヒント6-タイプ「O」モルタルの混合と使用

レンガの壁の横にあるバケツにモルタル

軽量、グレード以上、および無荷重のプロジェクトがあるタイプ「O」(「ポインティング」)モルタルの場合、セメント1部、石灰2部、砂9部を混ぜます。この混合により、350 psiの圧縮強度が得られます。内部および外部アプリケーションの両方に使用します。

ヒント7-タイプ「K」モルタルの混合と使用

タイプ「K」モルタルの使用を計画しないでください。通常は用途がありませんが、強度や耐荷重性が要因ではない場合に主に使用されます。典型的な用途は、古いレンガや古代のレンガの寿命を延ばすことです。 「K」タイプのモルタルの混合比は、セメント1部、石灰3部、砂10部です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です