コンクリートブロック壁に排水管を取り付ける方法

All

地下ドレンはに配置する必要があります コンクリートブロック壁 家が建設中です。その後、はるかに高いコストと労力で家をアップグレードすることができます。これらの指示に従って、コンクリートの壁に外部または内部の排水溝を取り付けます。

ステップ1-ホームサイトの排水を決定する

あなたの家がその区画の最も高い標高にある場合、外部排水は地下室を乾燥した状態に保つのにうまく機能します。ホームサイトに傾斜がほとんどない場合、または高水位表の上にある場合は、排水ポンプを備えた内部排水管を設置する必要があります。

手順2-測定を行って外部ドレインを取り付けます

既存の地下室からこのタイプの排水溝を取り付けることができますが、コンクリートブロックの基礎を敷いた直後に行う必要があります。地下壁の周囲を測定します。あなたの外部排水管はそれの周りをずっと回り、あなたの家から少なくとも40フィート離れて出ます。長さ4フィートごとに家から1/4インチ離れる排水管を傾斜させます。必要な4インチのパイプを購入してください。排水システムが家から100フィート以上延びる場合は、直径6インチのパイプを使用します。

ステップ3-排水溝を掘り、線を引いて部分的に埋める

週末にバックホウを借りて、排水溝を掘ります。地面から土台の底まで下がって、幅12インチでなければなりません。排水溝の底が平らになるように平らにします。トレンチを並べて、コンクリート壁をフィルターファブリックで6インチ上に並べます。トレンチの底に粗い砂利の深さ3インチのベッドを置きます。この砂利敷きの上にパイプを敷きます。

ステップ4-ドレインのインストール

ホールソーを使用して、コンクリートブロック壁に4 1/8インチの円形の穴を切ります。パイプを穴に通し、基礎の周りを一周します。注がれたセメントとカシメで壁の排水穴をふさぎます。

ステップ5-トレンチの充填を完了する

8インチの粗い砂利を基礎の周囲の排水管の上に追加します。砂利の上にフィルターファブリックを引っ張り、コンクリートの壁に押し込みます。 6インチの深さまで、粗い砂で溝を埋め終えます。庭の土を砂の上に置き、草の種を植えるか、芝生の芝を敷きます。

ステップ6-排水ポンプへの内部排水管の取り付け

地下の床の下で、8インチの深さまで砂利を注ぎ、土壌排水を可能にします。非常に浅い地下室を作り、コンクリートの排水口を床レベルで切ってください。地下の床に18インチの正方形のサンプ池を切り、サンプの水をキャッチします。サンプ池の端にサンプポンプを取り付け、電気が故障した場合にポンプが動作するように、バッテリーバックアップを取り付けます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です