斜面にデッキを構築する方法

All


傾斜地は、デッキを構築する際にさまざまな課題を提示します。地面が平らではないため、レベルデッキを構築するには、構造が安定していることを確認するために、土地の傾斜の勾配の程度を考慮する必要があります。実際、傾斜した土地にデッキを構築すると、平らな表面がなければ、この種の財産を使用することはほとんど不可能であるため、生活とレクリエーションの空間が生まれます。魅力的で使いやすいデッキは、あなたのライフスタイルを向上させるだけでなく、財産価値も高めます。

ステップ1-基礎の穴を掘る

斜面の上部に直径1フィートの穴を掘って、デッキの片側のサポートを保持します。しっかりとした土が見つかるまで掘って、これらが十分に深いことを確認してください。

ステップ2 –デッキポールの配置

各穴にデッキポールを配置して、デッキを配置する場所より少なくとも1フィート高くなるようにします。すべてのポールが設定され、デッキの高さが最終的に決定されると、ポールの上部は後で収まるようにカットされます。

デッキに手すりが必要な場合は、ポストを手すりの高さにすることで、後でエンドポストが不要になります。

ステップ3-穴を埋める

各穴を埋めるのに十分なコンクリートを混ぜます。レベルを使用して、コンクリートがセットされている間、各ポストがまっすぐであることを確認します。

ステップ4-2番目の面をマークする

支柱の最初の側面を取り付けたら、最初のポールに取り付けたひもを使用して、反対側の支柱を配置したい場所まで表面全体に広げます。ポールの新しいセットが行く場所をマークします。

ステップ5-ボトムポストを追加する

傾斜したデッキエリアの下端で、以前にマークした2つのポストホールをもう一度掘ります。ポストが水平になったらデッキを支えるのに十分な長さになるように、反対側に取り付けられたストリングを保持する2つの追加のポストを取り付けます。これらの穴をコンクリートで埋めて、コンクリートが水平になるようにします。

デッキをスロープの底まで延長し、平らな地面に2番目のポストセットを設定する場合、特別な計画は必要ありません。ただし、フーチングが傾斜地に設置されている場合、土の表面でフーチングが滑らないようにするための経験則は、コンクリートの最も広い部分をスロープから7フィートに設定することです。これには、おそらく他のフーティングよりも深い穴とより多くのコンクリートが必要になりますが、平均的な土壌条件では、これによりデッキが安全になります。

より厳しい等級と不安定な土壌条件については、専門家に相談する必要があります。

ステップ6-フロアの行き先をマークする

ポストの間に取り付けられたストリングが水平であることを確認し、それを使用して各ポストをマークし、デッキプラットフォームが取り付けられる場所を示します。

ステップ7-デッキの組み立て

3インチの釘またはデッキのネジを使用して、6×2インチの梁を(選択した木材に)取り付けて、デッキの両側をフレームにします。

ステップ8-床梁と床板の取り付け

3インチの釘を使用して、デッキフレームに床梁を取り付けます。デッキの現地の建築基準法では、この床梁に適切な間隔を指定している場合があるため、取り付ける前に必ず確認してください。

これらのサポートビームが所定の位置に配置されたら、ビームにデッキボードを置き、釘またはデッキネジで取り付けます。

ステップ9-手すりを追加する

地上のほとんどのデッキでは、安全のために手すりも必要です。手すりの高さと手すりの幅と間隔は、建築基準法によって規制されていることが多く、最初に確認することをお勧めします。

最も簡単な手すりソリューションについては、実際に多くのホームセンターで既成の手すりシステムを購入できます。ただし、自分で構築したい場合は、基本設計に2×4および2×2の木材を使用できます。

標準の手すりの高さは36〜42インチなので、手すり子を適切な高さに切ります。次に、2×4の上部レールを切り取ります。デッキの周りの距離が長すぎて2×4の単一の部分がスパンできない場合、レールをセグメント化し、ベアリングをサポートするために各シームに2×2ピケットを取り付ける必要があります。

ラグスクリューを使用して、すべての手すり子をデッキの外側の端に取り付け、それらの間を9インチ以下にし、レベルでテストして、すべてが垂直になることを確認します。次に、デッキネジを使用してトップレールをピケットと支柱に取り付けます。

ステップ10-木材仕上げの追加

新しいデッキを仕上げるために、外側の木材のステインまたはペイントを選択します。ペンキまたは染みでコーティングする前に、ざらざらした部分をサンドペーパーで塗り、各コートの間に乾いた時間を置きます。

塗料または汚れが乾いたら、ポリウレタンを追加して仕上げをさらに保護します。乾燥させて、コート間で表面を軽くやすりをかけます。表面積がかなり大きいため、仕上げを成功させるために必要な滑らかな表面を得るために、専門の研磨装置をレンタルすることを検討してください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です