セメントパティオに投稿を添付する方法

All

投稿を添付する セメントパティオ 不可解な仕事のように思えるかもしれません。木材はセメントに結合しないため、直接取り付ける方法はありません。それらの2つを結合するものが必要です。それでも、完璧な、強いフィット感はありません。たとえば、ポストがデッキのコーナーで使用されている場合、構造を安全に保つために強力な上部フレームワークに取り付ける必要があります。

ステップ1-ブラケット

ポストがセメントパティオに出会う場所をレイアウトし、各スポットの中心をマークすることから始める必要があります。それが終わったら、ブラケットとアンカーを購入します。ハードウェアストアでUブラケットを見つけることができます。それらはステンレス鋼で作られているため、錆びることがなく、側面は支柱の周りに正方形を形成します。ブラケットになる底になるので、キャップとして効果的に機能します。

底の中央に穴があります。これは、そこに取り付けられてコンクリートに入るアンカー用です。少なくとも4インチの長さのアンカーを選択する必要があります。これにより、セメントパティオの支柱に適切なサポートを提供するのに十分な深さが得られます。

ステップ2-穴あけ

セメントに穴を開けるには、ドリルにコンクリートビットを取り付けます。アンカーよりも幅の狭いビットが必要です。幅が広すぎると、アンカーがセメントで十分にしっかりとグリップせず、ポストがぐらつきます。

十分にドリルしたことを知る最良の方法は、必要な深さでビットをマークすることです。マスキングテープの小片がうまく機能します。ビットが斜めではなく、コンクリートに垂直に下がっていることを確認してください。各穴を開けた後、そこからセメントを取り除く必要があります。可能であれば、きれいなまっすぐな穴が残るため、圧縮空気を使用します。

ステップ3-アンカー

Uブラケットの穴にアンカーをスライドさせ、穴に押し込みます。ブラケットの基部がセメントの上に載った状態で、ずっと下に行くはずです。ブラケットの底部にシリコンコーキングを後で置くことにより、より強固な結合を実現できます(よりしっかりと保持するには、エポキシを使用しますが、先に進む前に十分な乾燥時間を与えます)。

ステップ4-投稿

ブラケットを取り付けたら、ポストをブラケットに固定する準備ができました。各ポストをブラケットにスライドさせて、金属の底に押し付けます。サイドパネルのそれぞれに、2つの穴があります。ポストの両側がブラケットに固定されるように、これらの穴のそれぞれに釘を打ち込む必要があります。これにより、安定性が維持されます。セメントを使用してブラケットを所定の位置に保持するためにエポキシを使用した場合は、セメントパティオに対して各ポストをしっかりと結合する必要があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です