8ステップでレンガの壁をドリルスルーする

All


レンガの壁に穴を開けるには、準備とスキルが必要です。不適切に行われた場合、ドリル加工は既存の壁またはドリルに実質的な損傷を与える可能性があります。レンガの壁を正しくドリルスルーするための8つの簡単な手順については、このクイックガイドをお読みください。

ステップ1 –穴の計画

石積みに穴を開ける前に、最終的に必要な穴のサイズを知っておく必要があります。多くの場合、穴にボルトを取り付けて、他の何かを固定します。したがって、ボルトまたはその他の固定装置の幅と長さを測定する必要があります。これら2つの測定により、必要なドリルビットのサイズと長さが決まります。

通常、穴に配置するアイテムの幅よりわずかに大きい穴を開ける必要があります。穴が大きくなる場合は、最初に小さいビットを使用して小さなパイロット穴を開けます。

ステップ2 –適切なド​​リルビットの調達

使用する必要のある石工ビットのサイズと長さがわかったら、ドリルに取り付けます。石材に穴を開けるには、穴をあける材料の密度のために大きな電動ドリルが必要です。大きくて強力なドリルがない場合は、レンタルを検討してください。

ステップ3 –壁にマークを付ける

穴を開ける正確な場所をマークします。開始する前に、石積みの後ろに電線、配管、その他の構造物がないことを確認してください。また、レンガを直接貫くのではなく、セメントモルタルに穴を開けようとします。モルタルに穴を開けるのが簡単であるだけでなく、レンガが砕けるのを防ぎます。

ステップ4 –安全装備を着用する

ドリルを使用するときは、常に適切な安全装置を着用する必要があります。これには、飛ぶれんがの粒子、防塵マスク、手袋から目を保護するためのアイゴーグルが含まれます。また、操作前に取扱説明書を読んで、電動ドリルに精通していることを確認してください。

ステップ5 –ドリル穴

大きな穴を開ける場合は、最初に小さな下穴を開ける必要があります。電動ドリルに小さな石積みビットを置き、あなたがマークしたモルタルの穴を注意深く開けます。

小〜中程度の穴を開ける場合、適切なサイズのビットでレンガに穴を開けることができます。

ステップ6 –ビットを冷やす

強力なドリルであっても、電動ドリルでは迫撃砲の穴あけがストレスになります。ビットが熱くなります。水の入ったバケツを近くに置いておくと、掘削プロセスで加熱されるときにビットを時々冷やすことができます。ビットの上に水を注ぐか、慎重にビットを水に浸します。ドリル自体ではなく、少しだけ濡れるように注意してください。

ステップ7-スタックした場合のビットの解放

ドリルをすると、ドリルビットが壁に引っかかることがあります。この場合、まずビットを慎重に反転させて壁から引き出してください。これが機能しない場合は、石積みを掘り下げてビットを取得する必要があります。残念ながら、石積みを掘るとレンガに損傷を与える可能性があるため、可能な限り避けてください。

ステップ8 –穴を塞ぐ

終了し、壁の穴あけが完了したら、アイテムを壁に通し、開口部をパテで密封します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です