日曜大工のレンガ造りの仕事

All

どんなタイプでも レンガ造り あなたが取り組んでいる、基本的な原則は同じままです。時の試練に耐えるれんが造りの建物を建設するには、忍耐強いアプローチが必要であり、頻繁にチェックを行って、れんがが水平方向と垂直方向の両方でまっすぐに置かれていることを確認する必要があります。

ステップ1 –基礎を築く

レンガ造りの仕事の鍵は、堅固なレベルの基盤から始めることです。より高い構造には、より深い基礎が必要です。基礎にコンクリートを流し込み、水平にし、レンガに最適な足場を提供します。構築が完了したら、基礎を埋めてコンクリートを覆いますので、作品の外観を損なう心配はありません。

ステップ2 –準備

プロジェクトの計画に目を通し、レンガの試運転を行い、それらが適合することを確認します。最初の単純なプロジェクトは、小さな壁または正方形のレンガプランターです。作業エリアの近くの手が届きやすい場所にレンガとモルタル板を置き、開始時に効率的に作業できるようにします。

ステップ3 –モルタルを混ぜる

小さなプロジェクトの場合、手押し車またはモルタルボックスでモルタルを混ぜることができます。 3部の砂を2部のメーソンリーセメントに混ぜ、プリンの一貫性が得られるまで水を加えます。モルタル板を水で濡らしてから、混合物のシャベルを数枚置き、それぞれを湿らせます。通常、モルタルは使いにくくなるまで約1時間半続きます。

ステップ4 –マーカーレンガを置く

コーナーポイントでレンガを敷き始めます。最初のレンガが必要な位置にモルタルを入れ、敷く前に少し平らにします。水準器を使用して、レンガが正しいことを確認し、こてハンドルでそっと軽くたたいて微調整を行います。精神レベルのもう一方の端に別のレンガを置き、マーカーとして使用して、他のレンガを一列に並べます。プロジェクトの長さだけこのプロセスを繰り返して、間に多数のマーカーがあるエンドブリックを作成します。片方の端からもう一方の端まで長さのある文字列を実行し、無料のレンガで所定の位置に保持します。

ステップ5 –最初のコースを終了する

最初のコースの残りを埋めるためにレンガを置きます。中間のレンガの端に迫撃砲を配置して、隣接するレンガを結合する必要があります。中間レンガのレベルを確認する必要はありません。マーカーと簡単に並べることができるはずです。次のコースのレイアウトを開始したら、下のブロックから半分のレンガでオフセットします。これにより、強度のためにコーナーを相互にリンクできます。各レベルでマーカーレンガプロセスを繰り返し、壁が高くなるにつれて、水準器を使用してレンガを垂直方向および水平方向に並べます。モルタルの隙間を下のレイヤーに埋めます。

ステップ6 –関節の打撃

モルタルが十分に固まり、印象を与えることなく指で触れることができるようになったら、ジョイントストライカーを使用してモルタルのジョイントを滑らかにします。レンガから余分なモルタルを払い落とします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です