デッキビルディング6-元帳を壁に取り付ける

All

エラーのマージン:1/4”

最も一般的な間違い

  1. 壁と台帳の間にスペースを残さない。
  2. 元帳をしっかりしたものにねじ込まない。
  3. 防錆ラグスクリューを使用していません。
  4. アルミサイディング付き亜鉛メッキワッシャーの使用
  5. 取り付ける前に穴をカシメしないでください。

フラッシュプレーヤー ビデオを視聴するには、Adobe Flash Playerを入手する必要があります。

おそらく、台帳を壁に取り付ける準備ができたと思われますが、まだ完全ではありません。まだ注意しなければならない重要な詳細が1つあります。状況は次のとおりです。元帳が壁に直接取り付けられていて、元帳の背面が壁に密着している場合、壁を流れる雨水は、壁と元帳の背面の間に閉じ込められます。これは腐敗の原因となります。これを避けるには、水を地面に流し続けることができるように、小さなスペース(1/2”〜3/4”)を残す必要があります。

これを行う最も簡単な方法は、台帳と壁の間のラグスクリューにワッシャーを取り付けることです。これらのワッシャーは錆びないように、溶融亜鉛めっき(HDG)する必要があります。壁がアルミサイディングの場合は、アルミワッシャーを使用します。アルミニウムに触れる亜鉛メッキ金属は腐食の原因になります。これらのワッシャーには十分な隙間があります。また、下見張りが平らではなく、表面レベルが異なる場合(面取り下見張り、アルミニウムの下見張り、帯状疱疹など)、下のネジよりも上のネジに多いまたは少ないワッシャーを取り付けて、台帳を補正し、引き起こすことができます真の垂直にインストールされます。

ラグネジを元帳にねじ込み、各ネジに適切な数のワッシャーを取り付け、コーキングを穴に吹き込み、元帳を所定の位置に持ち上げ、ネジを壁に差し込み、ソケットまたは三日月レンチで、ネジを締めます。ネジが壁、特に最後の2インチにしっかりと噛んでいることを確認してください。これで、2つのエッジ根太を取り付けて、桟橋の穴を見つける準備ができました。

圧力処理された木材またはすべてが心臓ではない耐腐朽性のある木材を使用している場合は、台帳および他のすべての露出したボードの切断端に防水を塗装することをお勧めします。

先端: 組み合わせ正方形を使用し、各根太を横切る垂直線に印を付けて、すべての爪を直線に配置できるようにします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です