屋根裏部屋の階段に関する一般的な問題

All


屋根裏部屋の階段は、家の上の屋根裏部屋にアクセスするための最も便利で賢明な方法を提供します。多くの屋根裏部屋は、完全な階段でアクセスできるほど大きくはなく、多くの家に完全な階段のためのスペースもありません。このため、一連のプルダウン屋根裏部屋の階段が屋根裏部屋に到達するための最良の方法です。正しく構築されると、階段は屋根裏部屋の中に隠されます。家では、階段の唯一の証拠は、垂れ下がったひもです。ただし、屋根裏部屋の階段では問題が発生する可能性があります。ゆるんだジャム、天井の隙間、きしむ音のあるバネ、安価なハードウェアからはしご自体の問題まで、多くのものを常に維持する必要があります。

屋根裏階段の便利さ

家に屋根裏部屋のクロールスペースがあるが、出入り口と適切な階段のセットに値するほど大きくない場合、プルダウンの屋根裏部屋の階段のセットを使用すると、家の部屋を犠牲にすることなくクロールスペースにアクセスできます。階段はクロールスペースに便利に折りたたまれ、リビングスペース内から完全に見えなくなります。ひもを下に引くと、トラップドアが開き、バネとハードウェアで固定された折りたたみ式のはしごが現れます。床に降りて、屋根裏部屋のクロールスペースにアクセスするのは、はしごを登るだけです。

プルダウン階段の一般的な問題

プルダウン屋根裏階段がすでに設置されている場合、またはそれらを設置するのに時間がかかっている場合は、設計に関連する問題のいくつかに注意する必要があります。述べたように、トラップドアはスプリング式で、押されると元に戻ることができます。はしごは3つのセクションに分かれています。上部3分の1はトラップドアの上部に固定され、2つの下部セクションは折り畳まれてドアを閉じます。折りたたみはセクション間のヒンジによって可能になり、全体の仕掛けはナットとボルトで固定されます。

ゆるんだジャムとギャップ

柱は、天井の開口部を囲む木片です。これらが正しく取り付けられていない場合、それらと根太またはトラップドアの間に隙間ができます。また、時間が経つと緩むこともあります。ただし、それらが適切に接着されて根太にねじ込まれている場合、問題はありません。

スクイーキースプリングス

これは面倒なので、それほど危険ではありません。トラップドアを開くためにひもを下に引くと、スプリングは、潤滑が必要なときにきしむ音ときしみ音を立てる傾向があります。これを解決するには、ジョイントとスプリングに多少定期的にオイルを塗ります。

安いハードウェア

スプリングをジャムに固定するために使用されるナットとボルト、および梯子自体にブレースを取り付けるには、高品質で適切に取り付けられている必要があります。はしごを登ったり降りたりするたびに、かなりの重量をかけているので、安全のために、はしごが正しく取り付けられていることを確認する必要があります。

お辞儀のはしご

はしごにかかる重量から生じる可能性のある別の問題は、はしごのセクションの曲がりです。広葉樹を使用してはしごを構築し、ヒンジを時々確認する必要があります。

プルダウン屋根裏階段は非常に便利です。ただし、はしごが体重を安全に支えることを確認するために、構成部品を定期的にチェックする必要があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です