サウナフロアに最適な素材を選択する

All


サウナの最もクールな部分はサウナの床です。これにより、熱損失や絶縁不良が発生しないようにすることが重要です。耐熱性のある床が必要になります。これを行うことができるフロアには、いくつかの異なるタイプがあります。また、選択した床が熱くなりすぎないようにする必要があります。これにより、足の裏が焼けるだけです。選択するサウナの床が、サウナのニーズに最適なものであることを確認してください。
コンクリート
可能な限り最高のサウナフロアオプションになると、コンクリートが常に最高です。あなたはそれが防水であるようにそれに適用されるシーラーを持っていることを確認する必要があります。その後、セラミックタイルで仕上げることができます。これは、サウナの上を歩くことを不快にさせることなく、サウナの熱を処理できるものです。特に湿気がある場合は、少し滑りやすいので注意する必要があります。ゆっくり歩くと、足の裏が完全に乾いていることを確認してから試してください。コンクリートがセラミックタイルで覆われているときはいつでも、間違いはありません。これは少し高価かもしれないので、サウナに床を置きたい人々の間で常に最初の選択肢ではありません。
ビニール
サウナにビニールタイルがある場合、これは熱の影響を受けません。フロアレベルの影響も受けません。ビニールタイルは通常、熱と湿度を処理できることがわかります。ただし、セラミックタイルよりも頻繁に交換する必要があります。彼らはそれほど耐久性と頑丈ではありませんが、仕事を成し遂げることができます。
合板
合板の床で作業している場合は、適切に密閉されていることを確認する必要があります。すべてのジョイントを木材防腐剤で適切に密封する必要があります。複数のコートを適用して、本来あるべき方法で保護されていることを確認する必要があります。合板の床は、サウナの温度と湿度が適切に管理および保護されていない場合、多くの問題を抱えることがあります。反りやそれに伴う問題を心配する必要がない場合は、合板を保護するために必要な手順を必ず実行する必要があります。
接着剤
サウナの木製の床が完全に防水できるように、使用する必要がある接着剤にはいくつかの種類があります。これは、サウナに木製の床がある場合に必要なものです。セラミックタイルまたはシームレスシートビニールまたはグラスファイバーを使用して、木製の床を防水することもできます。ただし、接着剤はまだ必要です。

サウナの最もクールな部分はサウナの床です。これにより、熱損失や絶縁不良が発生しないようにすることが重要です。耐熱床が必要です。これを行うことができるフロアには、いくつかの異なるタイプがあります。また、選択したサウナの床が足の裏を燃やすほど熱くならないようにします。

コンクリート

コンクリートは、サウナの床に常に最適な選択肢です。あなたはそれが防水であるようにそれに適用されるシーラーを持っていることを確認する必要があります。その後、セラミックタイルで仕上げることができます。タイルはサウナの上を歩くのを不快にさせずにサウナの熱を処理できます。ただし、湿気があるとタイルが滑りやすくなる可能性があるため、注意が必要です。ゆっくり歩き、タイルの上を歩く前に足の裏が完全に乾いていることを確認してください。このサウナの床は少し高価になる可能性があるため、常に最初の選択肢とは限りません。

ビニール

サウナにビニールタイルがある場合は、熱と湿度にも耐えることができます。最初は安価ですが、耐久性はそれほど高くありません。セラミックタイルよりも頻繁にビニールを交換する必要があります。

合板

サウナ。

合板の床で作業している場合は、適切に密閉されていることを確認してください。すべての接合部を木材防腐剤で適切に密封する必要があります。木材が保護されていることを確認するために複数のコートを適用します。合板の床は、木材を適切に保護しないとサウナの熱と湿度に多くの問題を抱えることがあります。

接着剤

サウナの木製の床が完全に防水できるように、使用する必要がある接着剤にはいくつかの種類があります。セラミックタイルまたはビニールまたはグラスファイバーのシームレスシートを使用して、木製の床を防水できます。ただし、接着剤は依然として必要です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です