建築材料はレンガよりも頑丈ではないため、 れんが積み 石積み愛好家の間で好きなキャリアと娯楽。レンガ積みは、常に建設と改築の一般的な方法であり、幅広い種類のプロジェクトに広く使用されています。この記事では、煉瓦積みの基本について説明しますので、自分で取り組むことを考えたことがあるなら、読み進めてください。

なぜレンガ?

建築資材に関しては、レンガは連帯と弾力性で定評があります。そのため、レンガの家は木造の家よりもかなり高価になる可能性があります。その魅力に加えて、レンガは実質的にメンテナンスを必要とせず、レンガの家の居住者にとって塗装作業は過去のものになります。さらに、レンガ造りの建物は一般に断熱性が高く、火に耐えるという素晴らしい仕事をします。れんが造りの家には比較的急な値札が付いているかもしれませんが、それらを所有している人々は長期的には維持費でかなりのお金を節約する可能性があります。次回誰かが「なぜレンガ?」と尋ねるとき「どうして?」と単純に答えてください。

サポート

レンガは大量の重量を支えることができますが、揺れや伸びの影響をかなり受けやすいため、構造補強が必要です。鉄骨梁は、断熱ボードおよびガラス繊維バットと組み合わせて、レンガ積みで使用される最も一般的なタイプの補強材です。レンガは最も耐久性のあるタイプの建築材料ですが、その可能性を最大限に活用するには十分な補強が必要です。適切な補強により、レンガ造りの建物は何世紀にもわたって完璧な状態を保つことができます。歴史的に保存されている構造の大部分がレンガで構成されているのは不思議ではありませんか?

レンガの種類

レンガを含む石積みプロジェクトを開始する前に、プロジェクトに適したタイプのレンガを選択することが重要です。レンガ造りは、おそらく現在利用可能なレンガの中で最も一般的なタイプであり、多くの場合、住宅の建設に使用されます。一般に、顔のレンガは壁の構築に使用されます。熱に対する弾力性を備えた耐火レンガは、ほぼボイラー室と暖炉でのみ使用されます。簡単に掃除できるガラス張りのレンガは、病院などの衛生施設を建設するために使用されます。忘れないでください-レンガは非常に耐久性がありますが、建物の安定性と完全性は、その建設に使用されるレンガの種類に大きく依存します。したがって、適切なブリックを選択する際には、十分な情報に基づいた決定を下すことが不可欠です。

そして、あなたはそれを持っています。れんが造りの石積みを試してみたいと思ったことがあるなら、始めるために必要なすべての基本的な知識があります。適切な種類のレンガ、適切な補強、石工の大まかな理解があれば、レンガ関連のプロジェクトに真正面から取り組むことができます。古い煙突の修理や家の建設を検討している場合でも、レンガは石工の親友になります。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です