レンガの質問への回答#1

All

Q. レンガやブロックを使用して、家に沿って羽目板として基本的に高さ10フィートx長さ20フィートの壁を作ることの実現可能性を誰にも教えてもらえますか?これは何らかの断熱材でしょうか?レンガまたはブロック壁の土台としてセメントスラブを使用している場合、壁のフッターとしては問題ありませんか?

A. レンガは長い間サイディングに使用されてきました。ある程度の絶縁価値がありますが、それほどではありません。家のスラブにレンガの棚がある場合は、運がいいです。それはあなたが期待できる最高のものです。

Q. 私の家のレンガの外壁のさまざまな場所に、乾燥した、粉っぽい、白いものがいくつかありました。それはレンガと時々乳鉢の両方に現れます。レンガの上端から2〜3フィート下に表示されます。これは水分が出ていることを示していますか?

A. それはおそらく白華であり、水分が壁を通して蒸散している証拠です。壁の反対側を見て湿気の問題を評価し、換気、密閉、排水など、必要なものをすべて修正する必要があります。壁を通る湿気の持続的な蒸散は、レンガ間のモルタルを劣化させ、修復するためにタックポインティングを必要とします。水分は、木材の腐敗など、他の問題を引き起こす可能性があります。

Q. 家を建てる準備ができています。レンガとサイディングのコスト比を把握することは可能ですか?

A. レンガはもっと費用がかかり、一生か二年は持ちますが、ビニールは今後交換しなければなりません。あなたが販売するなら、レンガはもっと価値があるでしょう。正確な費用がいくらになるかわかりません。

Q. これらのテレビ番組の1つで、家の土台となっているレンガを塗装または染色した造園プログラムを見ました。しかし、私は彼らがそれを使って何をするのか見ませんでした。私の家を支えるレンガの非常に薄い色合いがあります。 Masoniteの構造をペイントして新しい屋根に取り付けたところ、レンガはそれに対してあまり役に立たなかった。これを暗くし、それに豊かさを与えるのに役立つものはどれも素晴らしいでしょう。レンガの壁を塗るべきですか?

A. www.doityourself.com/stry/brickfaqsから:
「正しい準備が行われ、適切なペイントが選択され、ペイントが正しく適用されると、レンガの壁がペイントされます。一般に、新しいレンガの壁はペイントされません。ただし、最近建設されたレンガの壁をペイントしたい場合は、 28日間完全に硬化させ、酸性溶液で洗浄または処理しないでください。耐アルカリ性塗料を使用し、表面を中和するために塩化亜鉛または硫酸亜鉛溶液を壁に塗布する必要がある場合があります。

「レンガの塗装は、優れた構造とディテールの実践を妨げるものではありません。表面の堆積物、レンガの破損、ひび割れ、ゆるみ、モルタルの不足、不適切なフラッシングやウィープホールなどの欠陥は塗装前に修正する必要があります。洗浄し、塗料を塗布する前に十分な乾燥時間を与えます。

「レンガが適切に機能するためには、壁は透湿に耐え、構造物からの蒸気を透過する必要があります。そのため、壁に塗る塗料も同じ特性を備えている必要があります。水の流れを防ぐために、水抜き穴や通気口などの塗料やコーキングで詰まらないようにしてください。

「ラテックスおよびポートランドのセメントベースの塗料は、レンガの壁で良好に機能します。油性、アルキド、ゴム、およびエポキシの塗料は、壁内の蒸気を逃がさないため、レンガに塗布しないでください。メーカーの指示に従って、塗装に適した下塗りを受け取ります。」

Q. 問題#1:雨天のため、冬には多少ぬるぬるしたパティオがあります。妻は塩素漂白液で散歩やパティオを洗い流すのが好きです。昨年の冬、彼女が初めてこれをした後、グラウトは私たちの正面の通路で簡単に欠けたり「溶けたり」するようでした。これは塩素の結果でしょうか?そうであれば、金型をきれいにするために何を使用すべきかについての提案はありますか?

問題#2:グラウトが「溶けた」歩道の領域を修復する最も合理的な方法は何ですか?使用すべき特殊なセメント混合物はありますか?

A. 漂白剤は何に対しても難しい場合があります。カビを殺すために、25%の水で混合物または漂白剤を使用することを好みます。濡れた表面にスプレーし、5分程度放置してから、スクラブまたはホースをオフにします。レンガ間のモルタルの修理は、タックポインティングと呼ばれます。損傷したモルタルを1インチほど掘り出し、破片を完全に取り除き、表面を湿らせてから、新しいモルタルを塗ります。

コミュニティフォーラムにアクセスして、ホーム改善に関する質問の詳細をご覧ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です