コンクリートおよび石材への固定

All

コンクリートおよび石材への固定

オブジェクトをコンクリートや石材に固定するのは困難な作業に思えるかもしれませんが、平均的な自分の能力の範囲内です。最大の問題は、仕事に使用するファスナーとツールの種類を知ることです。これの多くは、固定するオブジェクトのサイズや重量などのアプリケーションに依存します。現在、市場にはさまざまな種類のアンカーが用意されているため、この記事では、それらが何であり、どの用途に使用されるかについて詳しく説明します。この記事では、必要な機器、下穴の開け方、および適切な固定方法についても説明します。

プロジェクトをコンクリートまたは石積みの壁または床に取り付けようとすると、特殊な機器が必要になります。また、この種のプロジェクトと同様に、保護具も必要です。コンクリートや石材への穴あけは汚れた作業です。穴あけプロセスによって作成された石材のほこりや細かい破片があり、ドリルビットが割れて発射体になる可能性があります。このプロジェクトに取り組むために必要なものがある場合のリストを以下に示します。

1.保護ゴーグルと防塵マスク。
2.ハンマードリル、またはロータリーハンマードリル。
3.超硬チップ石工ドリル。
4.缶詰の空気、コンプレッサー、または電球を吹き飛ばして、穴からゴミを取り除きます。
5.プロジェクトの適切なアンカー。
6.ドライバー、ナットドライバー、またはファスナーを取り付けるための適切なツール。

通常のドリルはコンクリートや石材の掘削に使用できますが、ハンマードリルまたはロータリードリルはほとんど必要です。ハンマードリルには、ドリルがドリルビットを回転させるだけでなく、ドリルビットの超硬チップが石積みを粉砕できるようにハンマーを出し入れできるように特別に設計されたクラッチがあります。ドリルのフルートは、掘削中に穴から破片を取り除きます。打撃は非常に速く、毎分数千回の打撃があります。この特殊ドリルを使用すると、コンクリートまたは石材に簡単に穴を開けることができることに驚くでしょう。木工用の通常のドリルよりも高価ですが、投資する価値は十分にあります。ハンマードリルは、スイッチまたはレバーを使用してクラッチを解除することでオフにすることができ、ハンマードリルを木工や金属加工の通常のドリルとして使用できます。これらのさまざまなプロジェクトをすべてカバーできるため、さまざまなジョブに対応する1つのツールがあるため、投資する価値があります。ロータリーハンマードリルは、実際のピストンと特殊なクラッチを使用することを除いて、ハンマードリルとほぼ同じように機能します。大きな穴を開けるために使用され、通常のハンマードリルよりも大きなパンチを詰め込みます。このため、多くの超硬ドリルは適切ではありません。ロータリーハンマードリルは、ロータリーハンマーのチャックにロックする特別なシャンクを使用して、チャック内のドリルビットの回転を防ぎます。 SDS、SDS-MAX、およびSPLINE SHANKの3つの異なる構成があります。

コンクリートまたは石材への穿孔には、超硬ドリルが必要です。ドリルの溝は一般に比較的柔らかいスチールで、通常のドリルのように地面に対して機械加工されており、超硬チップがドリルの端にろう付けされて切削面を提供します。穴のサイズが間違っているとファスナーは正しく機能しないため、どのプロジェクトでもファスナー製造業者が推奨する適切なサイズのドリルを使用することが不可欠です。ドリルは鋭いものでなければなりません。鈍いドリルはしばしば穴を本来の大きさよりも大きくし、ファスナーを不安定にするためです。

プロジェクトを開始する前に、固定する材料の種類(レンガ、コンクリート、石材)、フィクスチャの重量、および負荷の種類を考慮してください。これにより、適切な留め具を選択できます。不明な場合は、ハードウェアの所有者のアドバイスを求めるか、パッケージの製造元の指示を注意深くお読みください。

1.適切な穴サイズの製造元の指示に従って、ベース材料に超硬チップを使用して下穴を開けます。穴を吹き飛ばし、破片を取り除き、このプロセス中に必ず保護具を使用してください。

2.ファスナーによっては、ファスナーが適切に機能するためにフィクスチャーにクリアランスホールを開ける必要があります。通常、これはアンカーの直径より1/16インチ大きくなります。

3.インストールに応じて、いくつかの方法のいずれかでファスナーを取り付けます。
a。ワンステップアンカーを使用して、下穴の上にフィクスチャを配置し、フィクスチャを通してアンカーファスナをタップします。
b。 2ステップアンカーを使用する場合は、アンカーを下穴にタップし、フィクスチャを配置して、ファスナーを適用します。固定具を基材にしっかりと固定し、しっかりと固定されるまでファスナーを締めます。ここで注意してください-留め具を締めすぎると破損する可能性があります。
c。石積みねじで固定する場合は、ねじ回しまたはナット回しで下穴にねじを打ち込みます。このアプリケーションは、重負荷のない軽量オブジェクトに最適です。
d。ドライブアンカーを取り付ける場合は、アンカーをフィクスチャを通して下穴に挿入し、ハンマーで留め具を打ち込みます。一部のドライブアンカーは取り外し可能です。

パイロットホールに適切に穴を開けることで、取り付けが成功するかどうかが決まることに常に留意してください。ファスナーメーカーが推奨するサイズのドリルを常に使用し、鋭いドリルビットを維持してください。ジョブに適したファスナーを使用してください。コンクリートや石材への穴あけが必要なプロジェクトが多い場合は、ハンマードリルに投資してください。常に保護具を使用してください。粉砕されたドリルビットは危険なミサイルです。この仕事を正しくするために時間をかけることは満足を保証します。

Alden Smithは、受賞歴のある著者であり、DoItYourself.comに定期的に寄稿しています。彼はさまざまなテーマについて書いており、研究に優れています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です