ガレージを生活空間に変える際に避けるべき5つの間違い

All


ガレージの改造プロジェクトに着手することは刺激的かもしれませんが、軽視すべきではありません。住むのに適した便利なスペースを作成するには、正しい手順に従う必要があります。適切な計画により、時間、お金、エネルギーを節約できます。以下のリストを使用して、プロセスを合理化します。

1.許可を取得しない

建築許可

新しい建物を建てるのではなく、既存のスペースを変換しているため、許可を必要としないと思い込まないでください。地方自治体はしばしば、建物の使用だけでなく、その外部の建設にも関心を持っています。あなたがいるゾーニングエリアに応じて、 許可を得る リフォーム作業を開始する前に、結果が建築規制に準拠していることを確認してください。

2.仕事を考え抜かない

開始する前に最終結果をイメージします。美学は、ガレージの改造の1つの要素にすぎません。また、スペースについて別の方法で考える必要があります。車や道具を保管していた場所は、今では家を拡張した部屋になっています。スペースで時間を過ごし、ロードノイズと近所の音に注意してください。これに基づいて、設計に断熱の必要性を組み込みます。これは保温には役立ちますが、部屋にスペースヒーターやその他の熱源が必要かどうかも考慮してください。

ガレージを生活空間としてより便利にするために必要なすべての設備を十分に考慮してください。流水が必要ですか?追加の電源へのアクセス?自然照明と人工照明、温度制御、換気、排水の必要性を評価することを忘れないでください。

3.適切な請負業者を雇わない

ガレージの改造プロジェクトは、家の主要部分で行われるあらゆる種類の建築作業と同じように扱ってください。請負業者を徹底的に調査して、この種の作業の経験があることを確認し、複数の潜在的な候補者から見積もりを取得します。資格情報と参照を確認し、以前の仕事の物理的な例を見てください。

4.機能レイアウトを計画しない

部屋に囲まれた

ガレージの改造プロセス中に、居住空間の使用目的について考えてください。これをガイドとして使用して、適切なフロアプランを決定してください。ガレージへの既存のアクセスポイントと、物事をより便利にするために別のアクセスポイントが必要かどうかを考えてください。部屋の測定値を組み込んだフロアプランは、家具を配置する場所や、必要なアイテムを置くのに十分なスペースがあるかどうかを計画するのにも役立ちます。このステップは、変換されたスペースもストレージに使用する場合に特に重要です。

5.プロジェクトは簡単だと仮定する

ガレージの改造プロセスは単純なものであると誤解しないでください。建築業の経験がない場合、または自分で作業を行う自信がない場合は、請負業者に依頼して作業を行ってください。作業を完了するにはかなりの時間がかかる場合があるため、移行中に自宅が混乱することを予期してください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です