ファイバーボードの5つのベストユース

All


繊維板は、木材の繊維(名前の由来)から特別に設計された一種の木材製品です。ファイバーボードは、多くの産業で使用されている高密度製品であり、パーティクルボード(密度が低い)、中密度ファイバーボード、およびハードボードにも含まれています。 「パーティクルボード」という用語は、低密度のファイバーボードであるにもかかわらず、ファイバーボード全体を指すのによく使用されます。合板はしばしば繊維板と間違われますが、実際には木材の粒子や繊維ではなく、薄い木材のシートの層です。繊維板は、目に見えるものである場合、何らかのベニアで覆われていることがよくあります。サトウキビや木片からの繊維のような二次原料から作られたグリーンボードもあります。以下の記事では、ファイバーボードの最適な使用法について説明します。

1.家具産業

パーティクルボード本棚

安価な本棚やエンターテイメントセンターを購入した場合は、すでに低密度ファイバーボードまたはパーティクルボードで構築されたものを所有しています。一般に、より高価な家具は中密度のファイバーボードから、まれに高密度ファイバーボードから構築されます。このタイプの木材は簡単に生産でき、経済的で使いやすいです。プレハブ家具のコストは、使用する材料によって異なります。多くの場合、低密度のファイバーボードを使用することでコストが補完されます。

2.インテリア

キャビネットの設置には少額の費用がかかりますが、避けられない必需品です。多くの場合、キャビネットのフレームワークはファイバーボードで作られ、その上に無垢材の表面が取り付けられます。これにより、コストを抑えながら、優れた完成品を提供できます。ファイバーボードは、家のインテリアのあらゆる面で使用されています。キャビネットに加えて、ファイバーボード、ドア、モールディング、さらには床から作られた棚ユニットがあります。材料が非常に滑らかで、塗料をよく取るという事実は、ドアやキャビネットに使用される要因でもあります。

3.ホーム外観

通気口のある瓦屋根

ファイバーボードの汎用性は、家の内側と外側の両方で際立っています。ファイバーボードは、低勾配屋根の屋根材としてよく使用されます。繊維板は、あらゆる種類の屋根の帯状疱疹の裏地として使用される素晴らしい素材です。また、家の壁の被覆材として使用されていることがわかります。耐久性と柔軟性があり、これらの用途に最適です。

4.蒸気バリアと断熱材

ファイバーボードは、その耐久性と処理により、他の蒸気バリア製品と組み合わせて優れた蒸気バリアを実現します。木材は長期間の湿気に耐えることができ、変形や腐敗することなく乾燥することができます。蒸気バリアとして機能するだけでなく、熱損失を防ぎます。

5.防音と防音

スピーカーを分解したことがある場合、スピーカーは実際には中密度のファイバーボードまたはパーティクルボードで構成されていることに気付くでしょう。これは、木質繊維が音を吸収し、スピーカーキャビネット内からの振動を防ぐためです。この品質により、ファイバーボードは壁や床の下敷きとしてメディアルームに便利に追加されます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です