3つの最高のガレージフロアコーティングシステム

All


ガレージフロアコーティングシステムを使用して、ガレージの外観を改善したい人が増えています。いくつかのタイプから選択できますが、この記事では、より人気のあるタイプをいくつか取り上げます。

1.エポキシガレージフロアトリートメント

エポキシガレージフロアトリートメントは、ガレージの外観を仕上げるとともに、油汚れに対する耐性を提供します。エポキシの床は水が玉になるので、こぼれたものは台所のカウンターにあるように拭き取ることができます。エポキシ塗料に色を追加すると、床の欠陥を隠すのに役立ち、滑り止め添加剤は、濡れたタイヤでそれを運転するときに優れたトラクションを提供します。

エポキシ処理には多くの準備作業が必要です。エポキシ塗料を塗布する前に、コンクリートの汚れやシーラーをはがす必要があります。準備作業が適切に行われないと、エポキシ処理が正しく付着せず、剥がれ落ちてしまいます。

エポキシは、雨や湿気がなく、気温が華氏50〜80度の非常に乾燥した日に塗布する必要があります。ガレージの床のエポキシ塗装も時間のかかるプロセスです。準備プロセスの各ステップは、次のステップを開始する前に完了するのに12〜24時間かかる場合があります。

2.ガレージの床タイル

ガレージの床タイルは、エポキシ塗料よりもはるかに簡単なオプションです。タイルは床の準備や接着剤を必要とせず、特別なスキルは必要ありません。

ガレージの床タイルには、さまざまな色とスタイルがあります。これらのタイルは最大30年間使用でき、一部の固体タイルは最大60,000ポンドを保持できます。ゴム製のmallだけで取り付けられ、電動のこぎりで切断できます。また、ガレージの床下への損傷を防ぐために、一緒にロックして水密シールを形成します。

3.ロールアウトガレージマット

これらのロールアウトガレージマットは、設置が非常に簡単です。彼らは文字通りあなたのガレージの床に展開します。さまざまなサイズがあり、壁から壁へのカスタムフィットに合わせてカットできます。

また、ガレージの外観をさらにカスタマイズするために多くの色とパターンが用意されており、ポリビニル素材で製造されています。ガレージのフロアマットの中には、交換が必要になるまで10年も続くものもあります。

各ガレージフロアコーティングシステムには、メリットと欠点があります。エポキシ塗料システムは、最も人気があり、最も安価ですが、ガレージの床面が適切に準備されていない場合、最も時間がかかり、非常に容赦がありません。また、すべてのガレージの床がエポキシ塗料と互換性があるわけではありません。

ガレージタイルとガレージマットは、機能とスタイルが似ています。ただし、ガレージタイルシステムは3つの中で最も耐久性があります。これらの2つのシステムは、スムーズな設置を妨げる破片を取り除くための徹底的な掃除以外に、特別な床の準備を必要としません。

すべての住宅改善プロジェクトと同様に、この選択は各住宅所有者と彼らの個人的な好みと好み次第です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です